MENU

「梶原停留場」名物の古書店が来年閉店へ

「梶原停留場」名物の古書店が来年閉店へ

目次

古書店「梶原書店」

東京五輪があった1964年から都電荒川線の停留場前で営業を続けてきた古書店「梶原書店」(東京都北区)が、周辺の道路拡張に伴い、東京五輪・パラリンピックのある来年にも店を閉じる

 

 

店主のコメント

「五輪から五輪まで、一つの時代として切りがいい」

 

 

都電荒川線「梶原停留場」の早稲田方面行きホームから、わずか3歩ほど。赤いひさしをくぐると店内だ。年季の入った和装本や美術書などのほか、小説や大衆雑誌などが雑然と並んでいる。根本さんは店の2階で暮らし、常連客から「梶原さん」と呼ばれている

 

 

フォトギャラリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

都電で唯一の路面電車である荒川線で

毎日通勤しているサラリーマン

全国の路面電車も好きなので

オススメあれば教えてください!

目次
閉じる