MENU

荒川線のInstagram

荒川線のInstagram

 

目次

初めてのInstagram

はやりに疎い私がはやりも落ち着いたころであろう2016年くらいからInstagram投稿をはじめた。

SNSといっても、それまではFacebookも少し始めたものの友達は20人程度のみであり、どちらか

と言うと見る専門になっていた。一度、勇気を振り絞って投稿したのは会社の経費で視察させて

もらったスペインのバルセロナからだった。

 

2013年の秋だったと思うが、2013年の9月に東京オリンピック招致が決定して、何を思ったか11月

にスペインのバルセロナに「オリンピックのその後」というテーマで視察したのである。おそらく

日本で一番早い東京オリンピック招致決定後の視察ではないだろうか。何故ならば2013年の招致

関連で東京都さんとも少し仕事をしていた。そして東京都の人から「あの人はいったい何を視察

しにいったの?」と言われるほど、そのような動きをしている人は東京都でさえいなかったからだ。

 

因みに、その視察はスペインのバルセロナとイギリスのロンドンの2会場を視察した。

もちろん、会社の経費で行くのだから社内で今私が行くべき理由となる企画書を提出した。上司から

は視察レポート必要だけど大丈夫と聞かれ、即答で問題無いですと答えた。

 

実は視察レポートは出張前に作成したのである。オリンピックで言われるレガシー的なことは

ネット記事にて沢山あり、それを元にある程度は行く前に作成していたのだ。

 

そしてこの視察の凄いところは私一人であることである。

 

だから、私はプランをしっかり考えて自分がみたかったバルセロナのガウディ建築などを計画した。

そして調子に乗った私がバルセロナからの伝説の投稿が「バルセロなう」とガウディ建築の写真。

 

SNS初心者の私はFacebookの友達も少ないし、気軽に投稿したものが世界中に見ることができるという

認識がほとんど無く送ってしまったのである。

結果、会社など多くの人にバレて、怒られたのである。それ以来、Facebook投稿はトラウマで見る

だけになっていたのである。

 

あれから約3年して始めたInstagramはドキドキであった。

 

荒川線オタク風のInstagram

Facebookは実名だし、トラウマがあるのでやりたくないが、SNS自体は何かやりたいと思っていた。

 

Instagramなら写真の投稿だしとりあえずリハビリのつもりで始めた。

もちろん実名ではなく、周りの友達もわからいように始めた。そして鉄道オタクの設定ではじめて

どのような感じになるか試してみた。

はじめの頃はモノクロで東京なのにノスタルジックな路面電車がかっこいいと思って投稿しました。

これでビックリしたのが“いいね”数があっという間に50くらいになったのである。Facebookの

友達が20人に私にとってこのリアクションに感動してしまったのです。

調子がいいときには“いいね”が100を超え、いつの間にかこの反応にとりつかれてしまいました。

Instagramにあっという間にはまってしまい、鉄道オタク風をテーマにしていた私はいつの間にか

鉄道オタクでいわゆる「撮り鉄」になっていたいのです。

 

休みの日は朝から日が暮れるまで荒川線の撮影に行くこともありました。

 

 

荒川線の撮影ポイント

荒川線の撮影ポイントは沢山あります。今になってわかることですが、荒川線の一番の撮影ポイント

は鬼子母神前停留所あたりではないでしょうか。

 

クリックするとYouTube再生します

 

土日ではカメラを片手に乗っている撮り鉄はどの停留所にもいますが、行列までして撮影をしている

箇所は千登世橋近くです。千登世橋から池袋方向をみるとサンシャインなどの東池袋の景色をバック

に撮影することができます。

 

クリックするとInstagramが開きます

 

また、新宿方向をみても新宿の景色が一望できて。昼と夜では新宿のビル群の表情が異なり2度楽し

めます。住所で言うところの豊島区高田は学習院下停留所に向かって絶壁のような地形をしており、

千登世橋からでは、まるで高層ビルからの景色のような視界が開けます。

 

クリックするとInstagramが開きます

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あらかわ線で

毎日通勤しているサラリーマン

略して『あら通マン』

全国の路面電車も好きなので

オススメあれば教えてください!

目次
閉じる